ブログ移転
どうも、始めて2ヶ月もたってないのにブログ移転いたしました。
http://ckaraza.cocolog-nifty.com/blog/


せっかくブログ書いてるんだから、何の記事にヒキがあるのかとても知りたいと思ったからです。
事前の予想では
1位 オードリーDVDの記事
2位 エヴァの映画

だと思ってたのですがいまのところ意外にも

1位 ちはやふるのレビュー
2位 オードリーDVDの記事
3位 エヴァの映画

という感じみたいです。

なんでですかねぇ。
しかも2位も"オードリーDVD"というキーワードじゃなくて"若林 ピン"というキーワードで来る人が多いんですよ。

とりあえずスクリプト使えるブログになったんでいろいろやっていきたいとおもいます。
今後もよろしくお願いいたします。

そういえばさよならエキサイト、ってことで数年前にやってたブログも消すのでその前にちょっとお披露目

http://kotodama04.exblog.jp/

在日コリアンの話ばっかしてます。

文章が寒すぎます。あと熱すぎます。

でもそれでもいいんじゃないかと思います。きっとこんな時間だからです。

ちなみにこのブログで書いてるような考え方は今でもだいたかわってないです。7~8割くらい。
[PR]
# by ckaraza | 2009-08-20 23:42 | 考え事
あなたの幹事力を上げる8のポイント
飲み会とかの幹事をただの雑用だと思っている方って多いんじゃないだろうか。

自分は、高校のときから何かと幹事をやってきた経験がら断言できることがある。


幹事が出来ない奴は人をまとめることが出来ない
逆説的に言えば

人をまとめる事ができない奴に幹事は出来ない


飲み会に限らず一度でも数十人規模の催しの幹事をした事がある人間であれば
幹事の苦労はよくわかると思う。

催しごとの目標を基に
必要なメンバーを考え出欠を取り
催しの内容を考えその準備をしながら
予算と相談しながら適切な場所の確保をする。

当日は事前準備に従って出欠を取り
100%発生するドタキャン等のイレギュラーに対応しつつ
場の雰囲気を考えてプレイヤーとしても顔をだしながら
清算をスムーズにするためのおつりの準備などの予測をしておき
かつ揉め事が起こらないように参加者の様子を伺う。

終了後は予算に差はなかったかを確認し
参加者が楽しめたかを考え次回以降のための反省をして
必要によっては報告書を書く。

その人間のマネジメント能力が問われる。それを完璧にこなそうとすればするほど、幹事をやったことがない人間が思ってるような生易しいもんじゃない。

そしてたいがいの人間は準備の段階で船底に穴が開き、浸水した状態で潮に運ばれる形で岸に打ち上げられてしまう。

偉そうに書いてるけど自分も大体船底に穴が開く。
ただし回数を重ねるごとに穴が開きそうなところを未然に気づくことができるようになり、修復がうまくなり、犠牲者が最小限の状態で岸にたどり着けるようにはなってきたつもりだ。

せっかくなのでブログでよく見る修辞法っぽく幹事をやったことがない人のための
"あなたの幹事力を上げる8のポイント"

①絶対良いものにしたい!という思いがわかない催しごとの幹事はやらない。

幹事という役目は本当につらい。
準備をしているときには必ず予想外のことが起きて対応を迫られる。
人選をすれば必ずこっそりと人間関係のグチを告げてくる輩が現れる。
どうしてこんなに頑張ってるのにだれも協力してくれないのか、悩んでしまう。
集合時間には絶対に全員集合していない。
ただちょっと端っこで座ってるだけの子をみるだけで、つまらないのかな?おれのせいかな?となる。
清算のとき、かならず混乱がおきる。
終わったあとは誰も褒めてくれず、トボトボと帰ることになる。

だからもし初めて幹事をやるときには"絶対に成功させたい"と思えるイベントの時にしよう。
それは友達のためでもいい、大好きな人のためでもいい。
絶対に自分がくじけない、と思えることにチャレンジしよう。

②絶対にイライラしない

①でも書いたとおり幹事はイライラすることばかりだ。特に友達や仲間に対して"なぜこんなに頑張ってるのに気を使ってくれないんだ"と感じてしまう場面がよくある。
でも絶対イライラしてはいけない。なぜなら仲間たちは幹事をそれほど大変だと思っていない。
幹事経験者ですら、そんなにも早くあなたがイライラするだなんて思ってもいない。

幹事がイライラを表に出せばその瞬間船底には塩水が流れ込んでくる。あとはもう何とか沈没だけはしないようにもがくだけだ。

怒りが表に出そうなときは思い出してほしい。あなたはなぜそのイベントを成功させたいのだろうか?
忘れないでほしい。その成功とは、あなたの笑顔なしに成立するものではないということを。

③低姿勢で主導権を握る

参加者というのは間違いなくむちゃを言ってくる。あなたと仲がよければよいほどに。
それらに全部対応していてはいけない。

低姿勢で、笑顔で協力を求める。そして協力してもらう。有無を言わさずに。
船が沈んだとき、その責任を負うのは自分だということを忘れないでいよう。
そして迷惑をこうむるのは参加者たちだ。

だからあなたは一時のわがままをゆるさず、船が沈まない努力だけをしよう。

一方で参加者への感謝を忘れないようにしよう。彼らも不満を抑えながら貴方の舵取りに任せてくれているのだ。だから高圧的になってはいけない。わがままのぶつけあいの先には沈没が待っている。


④参加者全員が楽しめる人選

貴方に人選をする権利があるならば、参加者には多様なメンバーを集おう。
一部の人間だけが楽しむイベントは最悪である。

普段なかなか話したりしない人でも、そこにいるだけで場が明るくなる人や博識な人をどんどん呼んでみよう。
あなたの想像できない形でその場を楽しむ人が山ほどあらわれるから。

予想外の人間関係が生まれることも、幹事の楽しみの一つである。

⑤優秀な幹事をメンバーにいれる

幹事は数多くいれど優秀な幹事はなかなかいない。
優秀な幹事とはなんだろう。

それは幹事の存在を感じさせない事だ。
サッカーで言えば幹事はスタジアムを用意する存在にすぎない。本当に輝くのはプレイをしているの選手たちであって、芝の深さがどうとか、座席に清潔感がどうとかそんなことに気をそらさせるのは優秀な幹事とはいえない。それがたとえ綺麗な芝生に対する関心であってもだ。
幹事とは黒子であるべきだ。

そしてそんな優秀な幹事は沈みそうな船の特徴をよく知っている。開いた穴のふさぎ方も知っている。
そんな優秀な幹事さんを仲間に入れてその技術を盗もう。


⑥予算とスケジュールは最悪を想定する

あなたは自分の一ヶ月の出費を完璧に操作できるだろうか。
一ヶ月のスケジュールを立てたとしてそれを守れるだろうか。

中にはそれができる人もいるだろう。

では友人10人のそれを操作できるだろうか。

そう、できない。
10人いれば必ずお金もスケジュールも予想外のことが起きる。
だから、何がおきてもいい準備をしておかなくてならない。
そしてあいまいにしてはいけない。
スケジュールもお金も全てを明言する事だ。

結果として幹事が不足金を補うようではそのイベントは失敗したといわれても仕方がない。
(おれは何回もこれをやったもんです)

⑦話し合いはしない

幹事をやっていると判断を求められる事がよくある。
その際多数決はとても便利だ。話し合うよりも早く済む。
しかし多数決をしていいのは"どうでもいいこと"だけだ。

重要な決断はあなたが決めなくてはいけない。
参加者誰もが思いを持っていて、熱くなってしまうことならばなおさらだ。

相談はしてもいい。しかし相談したことは他言してもいけない。メンバーはあなたの贔屓に敏感だ。

そして話し合いはしてはいけない。対等な立場でメンバーと話し合いをしていては必ず意見がまとまらなくなるからだ。
責任がない人というのは強気で無茶を言う。それに対して負けじと言い返してしまう人もいる。
そして船は海底へ。

これに関してはほかにもいろいろと技術はいるがともかく"低姿勢で主導権を握る"事を忘れないでほしい。

α沈みかけの船に誘われても乗るな

あなたが何度か幹事をこなしたころには自然と「幹事やって」という声がかかる。余裕があるなら手を貸してあげよう。
しかし沈みかけの船に乗ってはいけない。下手糞な船長が荒らした船はいかにあなたの腕が優れていても浮かび上がることはない。
沈みかけの船に呼ばれること。それは、船長が責任という積荷をなんとか分担したがっているだけなのだから。


etc..
苦労ばかりの幹事だが
イベントが終わった後の「幹事お疲れ」「楽しかったよ」程ありがたくうれしいもんはない。
自分の力で笑顔があふれる場を作った実感はあなたを幹事の虜にするだろう。





何が言いたいかっていうと、もっと皆率先して幹事やろうよ、ってことね。特に大学生は積極的にやってほしい。
かつ幹事やるなら中途半端な気持ちでやらないで、っていう。
実力のない幹事ほど回りに迷惑をかける人種はいなっす。
そして幹事さんには絶対「お疲れ」って声かけてあげてね。



・・・




ああ・・・、ちょうど今日沈みかけの船に乗ってしまったグチを書きたかっただけなのになぜか指が走ってしまった・・・ww
[PR]
# by ckaraza | 2009-08-10 21:27 | 仕事
現代において差別をしたいなら、差別するための根拠を用意しよう。
私、中学高校らへんは小林よしのり大好きでした。

左翼の頃も右翼になっても。

ニュースに頼らず、噂にながされず、
情報を元に自分の頭で現実を解釈する楽しみを教えてもらいました。

最近まったく読んでないのは小林よしのりが興味持つ内容と自分の興味が合わなくなったからです。


さて、その中でも感銘を受けた部分について。

小林は「差別は喜怒哀楽と同じ、人の感情だ」といってた。たぶん。


今考えてみると喜怒哀楽は一人のヒトに備わる天性だけど
差別は人間社会の中にいるヒトに必ず発生する天性だと思う。


人間が絶えず成長して、人類が発展するためには競争は必須だと思う。

誰もが他人に勝つために努力をするし
競争に勝ったことに満足をする。

競争に勝つために自分を向上させる前向きな取り組みを努力だとすると
競争に勝つために他人を貶めて勝った事にする作業が差別。

たいした中身の無い自分を成長させる根性も根気もない人間が、それでも競争に勝ったことにするために無条件の敗者を作る作業が差別。


数十年~数百年前の差別は、たとえば黒人への差別や身分による差別。
色が黒いことは人間の優劣を決めないし、身分の上下も決めない。

昔はそんな根拠の無い差別でも成立してた。


最近は倫理だの道徳だのが一般化したせいで根拠なしの差別をする人間は軽蔑される。
その結果日本のネットでは、あたかも差別することが当然のように思わせるための理論を構築することが流行ったみたい。


書き終わって気づいたけどここから在日限定の話になってるなw


在日を差別するを事を肯定するためのウソコピペの流布。陰謀論の犯人に在日だとか総連を設定する手法。

問題はそれらの1次発信者じゃなくて、その"差別するためのウソ"を信じちゃう人たち。

もっと自分の頭で考えて、現実を解釈する力を持ってください。

おかげさまでこっちは初対面の人間に不愉快な言葉を投げかけられたり、まず相手の在日観を調べる作業をしたり、ってことしなくちゃいけないのよ!ほんとかんべんしてー><
[PR]
# by ckaraza | 2009-08-09 00:49 | 考え事
陰謀論が好きな人たち
陰謀論が好きな人たちがいる。
自分の想像が及ばない範囲のことを勝手に裏読みする人たち。



「お塩さんとのりぴーは逮捕されてもほかの芸能人の逮捕は裏の権力者の圧力によって阻止される」

「最近なんでこの芸能人よく見るんだ?そうかか?」

と言ってみたり。


在日特権なんてのを作り上げたり。


得体の知れない何かのせいにすれば矮小な自分を自覚せずにすむんですか?


一生やってろ。
[PR]
# by ckaraza | 2009-08-09 00:24 | 考え事
笑いを取りたい!3~コントについて~
コンビ芸人のネタとしてコントと漫才がある。

漫才の大会であるM-1でも厳密に言えばコントをやってる芸人が結構いてサンドウィッチマンは完全にコントだしオードリーも片足はコントにのっかってる。

たとえばサンドウィッチマンは服装とかは普通のままでも漫才の導入部で

「いやぁ、世の中興奮することはたくさんあるけど○○の時は特に興奮するね」
「間違いないね」

といってコントに入る。
オードリーは漫才でも"春日"というコントキャラでやってる。

で、コントって何なのかというとキャラ付けをすることで[笑いを取りたい!1]で書いた"常識"の枠組みを作って前フリを簡略化する作業だと思うのです。
どういうことかというと、"普通の人2人が会話しているだけ"である漫才では会話の中でのフリと一般常識というフリしか使えないけど、コントだとそのコントでやってるキャラとシチュエーションの常識を前フリで使える。

警察官のコントなら"警察官の常識"が自然と前フリとして入るし、葬式コントなら葬式の雰囲気(ふざけてはいけない、不謹慎なことを言ってはいけない、など)が前フリとして入る。その分前フリの量を減らしてボケに時間を使える。だから、M-1では本当はサンドみたいなのはダメだし、だからR-1ができたんでしょう。

前に書いた自分の笑いの分析で初対面の人にはレッテル貼りをする、と書いたけどこれもたぶんコントと同じ構造で、一定のキャラづけを相手にすることでいじるにあたっての前フリを随分と簡略化できる。

逆に自分にデブキャラとかホモキャラをつけるのも簡単に笑いを取るための手法だし(デブキャラさえつけば極端な話、「おなかすいた」の一言で笑いが取れる)、案外日常でコントと同じ仕掛けを作って笑いを取ることって多い。


自分としては最近デブキャラを使いすぎて笑いが安易になってしまっている感がある。キャラ付けして笑いを取るのは楽だから、キャラなしの頃に笑いをとってた技術が落ちてきてしまってる気がします。


どんだけ笑いを分析してんだよって話ですがほんとうにお笑い大好きな人なんです。世界で一番すばらしい仕事はお笑い芸人だと思ってます。サービス、情報、お金、安心、などなどいろんなものを提供する仕事があるけど笑いほど人を幸せにする仕事はないからです。

・・だからなんだって話ですがw
[PR]
# by ckaraza | 2009-08-05 00:19 | 考え事


>
引越し 見積もり 陰陽師